ソリューション ファインダー

グリッド インタラクティブ エフィシェント ビルディングに対する国家のロードマップ

Grid-Interactive Efficient Buildings

ホワイトハウスは、大統領の気候アジェンダの一環として連邦ビルディング向けの持続可能性ベンチマークの開発計画を発表しました。ビルディングは、米国の電力消費及び発電部門の二酸化炭素排出量の 70% 以上を占めています。

ローレンス・バークレー国立研究所と Brattle Group は、米国エネルギー省 (DOE) と連携して、グリッド インタラクティブ エフィシェント ビルディング (GEB) のための国家のロードマップを作成しました。GEB に関する DOE の国家目標は、2020 年のレベルと比較して、2030 年までにエネルギー効率を 3 倍にし、ビルディング セクターに柔軟性を求めることです。GEB は、分散型エネルギー資源 (DER) によって特徴付けられるスマート技術を使用して、グリッド サービス、居住者のニーズ、及びコスト削減に対するエネルギー使用量を最適化する高エネルギー効率ビルディングとして定義されます。このロードマップでは、バリアと GEB を実装して柔軟性を要求する際の障壁と機会の両方が特定されます。

GEB の 4 つの重要な特性は、効率、接続性、インテリジェンス、及び柔軟性です。インテリジェンスは、主にセンサーとコントロールによるビルディングのパフォーマンスの最適化で構成されます。住宅と商用のビルディング負荷にしっかりと焦点を合わせたロードマップは、2020 年と 2040 年の間の電力系統のコスト削減の機会価値を 1,000 億ドルから 2,000 億ドルの範囲に見積もっています。ロードマップには、そこに到達するためにエネルギー効率とグリッド対話性を同時に進化させながら技術と統合を強調するビジョンが定義されています。

ビルディングロードマップでは、障壁が明示的に特定されているため、課題に優先順位を付けて、それらを克服するための選択肢を検討し、関係者に推奨アクションを提示しています。障壁としては、相互運用性や蓄熱技術の不足などの技術的問題から、制限の多い卸売市場の規則、価値命題の不足、従業員のトレーニングの不足、従来の公共事業による投資に対するエネルギー効率と需要の柔軟性を追求するインセンティブの不足などの商業的な問題までがあります。また、単なる現状維持バイアスもあります。GEB の採用は、当然既存の米国のエネルギー効率と需要応答の能力を大いに強化します。

GEB は 2030 年までに毎年 8,000 万トンの二酸化炭素を削減できます。これは 50 基の中型石炭プラントまたは 1,700 万台の自動車に相当します。メリットは、暖房と輸送の電化の促進によって、さらに大きくなる可能性があります。成果が大きいため、政府はロードマップに沿った規格や基準を拡張するために、研究開発に投資して連邦レベルと州レベルでプログラムを立ち上げています。