ソリューション ファインダー

2SC0535T2G0C-33

3.3 kV IGBT 用デュアルチャンネル SCALE-2 ドライバ コア、最高レベルの集積、小型、高電圧、高出力、35 A のゲート電流及び 2 x 5 W の出力電力

アプリケーション
製品詳細

2SC0535T2 SCALE-2 デュアル ドライバ コアは、幅広いアプリケーションに対応し、コスト効率が高く、コンパクトな設計に対応しています。これは、信頼性の高い産業及び輸送用途向けに設計され、最大 3300 V で通常のあらゆる高電圧 IGBT モジュールを駆動します。内蔵並列機能により、高い電力定格でインバータ設計がシンプルになります。高い絶縁要件の 1700 V の IGBT でのマルチレベルのトポロジーも容易にサポート可能です。

この技術の特長
2SC0535T は、その電圧及び電力範囲で最も小型のドライバ コアであり、面積がわずか 76.5 x 59.2 mm、外形が 26 mm です。SCALE-2 チップセットでは、従来のソリューションと比較して部品数が最大 80% 減少するため、大幅に信頼性が高くなり、コストが削減されます。
2SC0535T は絶縁型 DC/DC コンバータ、短絡保護、アドバンスト アクティブ クランプ、及び電源電圧監視などの駆動に必要なすべての部品とフル機能 2 チャンネル ドライブ コアを内蔵しています。2 つの出力チャンネルのそれぞれが一次側及び他の二次チャンネルから電気的に絶縁されています。
チャンネルごとに 35 A の出力電流及び 5 W のドライブ電力を利用できるため、2SC0535T は高電力モジュールと並列接続 IGBT モジュールの両方に適したドライバとして選択できます。専用 IGBT モードでは、ドライバが +15 V / –10 V のゲート電圧振幅に対応します。出力電力レベルに関係なく安定した 15 V を維持するように、ターンオン電圧が規定されています。さらに、-55 °C の低温の用途に対応するために、温度範囲が拡張されました。
卓越した EMC 性能により、過酷な産業条件でも信頼度の高い安全な動作を実現できます。2SC0535T ドライバは沿面距離が 44 mm で、ブロック電圧が最大 1700 Vの高電圧 IGBT に最適です。このドライバは UL に準拠しており、EN-50178 及び EN-50124 に従って汚染度 2 で過入力電圧カテゴリ 2 を満たすことができる空間距離及び側面距離を備えています。従って、このドライバはあらゆる輸送及び産業用の用途に適しています。100% テストされ、部分放電のないランス設計により、所定の部品寿命を通して安全な動作が保証されます。

並列接続 IGBT の駆動
このドライバでは、個々のドライバと任意の数の IGBT モジュールの直接並列接続が可能です。この新しい先進的な概念により、開発時の大きな負担を軽減して、個別のモジュールによる直列接続と同様、並列接続された IGBT  でコンバータ を構成できるようになりました。
(記事へのリンク):• 直接並列接続:どのような仕組みか(リンクを挿入)

仕様
仕様
最大スイッチング周波数 (kHz) 100.00 kHz
IGBT 電圧クラス 3300 V
技術 SCALE-2
出力電力/チャネル-最大 7.50 W
インターフェイスタイプ Electrical
チャネル数 2
Gate Peak Current (Max) +35 A
製品タイプ Board
Product Sub-Type Driver Core
サポートされているモジュールタイプ IGBT
メイン/周辺 N/A
サポートされているトポロジ
2-level Voltage Source
3-level NP-Clamped - Type 1
3-level NP-Clamped - Type 2
Multi-Level NP-Clamped
並列サポート?
保護機能
Adv Active Clamping
Short Circuit
UVLO(Sec-side)
UVLO(Pri-side)
樹脂コーティング? Yes
ドライブモード
Halfbridge
Direct-Independent
ロジック入力電圧 5
供給電圧 (標準) 15.00 V
ゲートターンオン電圧 +15.00 V
ゲートターンオフ電圧 --10.80 V
時間 - 出力の上昇 20.00 ns
時間 - 出力低下 25.00 ns
分離技術 Galvanic
隔離タイプ Reinforced
Gate Boosting?
Gate Peak Current (Min) -35