Power Integrations、第 2 四半期の決算を報告

July 29th, 2014

Power Integrations は本日、2014 年 6 月 30 日締めの四半期決算を発表しました。この四半期の純収入は 8900 万米ドルで、2014 年第 1 四半期比 7% 増及び 2013 年第 2 四半期比 1% 増となりました。第 2 四半期の GAAP 粗利益率は 54.8%、営業利益率は 16.1% でした。第 2 四半期の GAAP 純収入は 1670 万米ドルで、希薄株 1 株当たり利益が 0.54 米ドルとなっています。尚、2014 年第 1 四半期の希薄株 1 株当たり利益は 0.40 米ドル、2013 年第 2 四半期の希薄株 1 株当たり利益は 0.45 米ドルでした。第 2 四半期の GAAP 純収入には、2007 年~ 2009 年の企業財務監査の完了に伴う税控除としての 330 万米ドルが含まれています。

Power Integrations の社長兼 CEO である Balu Balakrishnan は、次のように述べています。「第 2 四半期の結果は、目標達成、7% の収入増収となり、健全な総利益率及び強力なキャッシュフローを示しています。この四半期に 1 株当たり平均 50 米ドル未満の価格で 2500 万米ドルを超える株式を買い戻し、第 3 四半期の配当は 20% 増を見込んでいます。2014 年の後半に対して、新製品の投入や、急速充電、LED 照明、高出力アプリケーションなどの分野でのビジネスチャンスの開拓に大きな期待を寄せています。」

詳細は、本日のプレス リリースをご覧ください。