Power Integrations、Fairchild に対する特許訴訟で勝訴

March 5th, 2014

Power Integrations は本日、同社が Fairchild Semiconductor に対して起こしている特許侵害訴訟のうちの 1 件の評決を公表しました。サンフランシスコの連邦地方裁判所における 1 ヶ月に渡る審理の結果、陪審は昨日、Fairchild が Power Integrations の 2 件の特許を意図的に侵害しており、これによる Power Integrations の損害は 1 億 500 万ドルにのぼるという評決に達しました。

Power Integrations の社長兼 CEO である Balu Balakrishnan は、次のように述べています。「本日の裁定により、Fairchild 及びその子会社である SG による当社の特許への 4 回目の侵害行為が認められたことになります。今回の裁定とこれに伴う損害賠償請求を受け、Fairchild には今度こそ同社のビジネス慣行を見直し、今後はこの 25 年に渡り当社が開発に尽力してきた知的財産の権利を尊重していただきたいと考えています。」

詳細は、今日のプレス リリースをご覧ください。